農業豆知識

稲作の1年

こんにちは!

Shonan 米 Lifeコラム担当のシェルミーです!

秋になると、世の中に新米の流通がはじまります。

私達、Shonan 米 Lifeでも第1期目となる新米の販売を開始しました!!

多くの方が「新米=秋」というイメージをお持ちかと思います。

一方で、1年を通じてどのようにお米が育っていくのかというところは、ご存じない方も多いのではないでしょうか。

今回は、稲作の1年と題し、簡単な年間スケジュールをご紹介いたします。

・5月~6月:種まき

・6月:田植え

・9月~10月:稲刈り

となっております。

1年のうちおよそ半分を実作業に費やします。

機械化が進んだ現在でも、自然に合わせて行う作業は今も昔も変わりません。

少し暖かくなってきたころに、前年採れたお米を土に撒き、芽が出るまで育てます。

そして、その芽が大きくなって来た頃、水を張った田んぼに稲を植えます。

夏の日差しを浴びて、すくすくと育ち、稲に”お米”となる実がなります。

そして、その実が育ちきった秋に収穫し、いくつかの過程を経て、皆さんが目にするお米の状態となり出荷します。

Shonan 米 Lifeでは、この全ての工程を自社にて行っており、安心・高品質なお米をお届けしております。

今後もコラムを通じ、各工程の様子をお伝えしていきます。

関連記事一覧